海洋教育スポーツ地域活性振興有限責任事業組合

LLPとは | 海洋教育スポーツ地域活性振興有限責任事業組合

  1. LLPとは
     

LLPとは

LLPは共同事業を行うための事業体

LLP(有限責任事業組合:Limited Lability Partnership)は参加する組合員が個性や能力を発揮しながら共同事業を行うことができる組織形態として、2005年8月1日に創設されました。

同・異業種間や大・中・小規模企業間による連携、専門技能を持つ人材による連携など、様々な形態での共同事業を行うことが可能です。

また、地域活性や社会的貢献活動など、LLPの特性を活かすことによって、地域の独自性を育みながら活動や事業を進める可能性が広がり、今までとは違った新しい展開が期待されます。

(経済産業省資料より抜粋)

LLPの特徴

LLPの特徴
①有限責任

出資者(組合員)は、出資額の範囲までしか事業上の責任を負わないため、事業に取り組みやすい。

②経営の柔軟性

組合員間の損益・権限の配分は、出資金額の比率に限らず決定できる。取締役会や監査役の設置が強制されず、柔軟な運営が可能になる。

③構成員課税

LLPで生じた損益は、LLP自体には課税されず、利益の分配を受けた組合員においてのみ課税される。

利益を追求しやすく、その利益を組合員に還元しやすい構造!